【AEアニメ撮影向け】フッテージ読込&コンポ組み支援スクリプト kumi-chan ver0.8




AEアニメ撮影向けスクリプト「kumi-chan」を作ったので折角だから公開します。



このスクリプトでは

  • フォルダ階層を維持したままの一括フッテージ読み込み
  • コンポジションの作成&フッテージの配置&並び替え
  • 撮影台の作成

が可能です。
多分。


使い方


スクリプトを実行すると以下の様なカットフォルダの読み込み画面が出ます。


選択したフォルダ階層以下が全て読み込まれます。

okを押すと以下の設定画面が表示されます。



設定の説明です。

「コンポジション」

・ 選択中のコンポジションを使用
→スクリプト実行時に選択していたコンポジションにフッテージを並べます。
・新規作成
→新規にコンポジションを作成します

「設定」

ここで作成したコンポジションが最終出力になります。後述の撮影台を使用する場合も、最終出力の設定を入力して下さい。

・コンポジション名

読み込み時に指定したカットフォルダ名がデフォルトで入ります。
ここに入力した文字がカットフォルダ名の後に入ります。

・サイズ

ドロップダウンからコンポジションサイズを選択して下さい。プリセットにない場合、ドロップダウンの「カスタム」を選択し、横の入力欄に数値を手入力して下さい。

・フレームレート

コンポジションのフレームレートを入力して下さい。連番シーケンスの予測フレームレートとは関係ありません。

デュレーション

コンポジションの時間の長さを選択して下さい。手入力する場合は「カスタム」。
 「最長フッテージと一致」を選ぶと、読み込んだフッテージの中で一番長いフッテージのデュレーションを適用します。
 「最長フッテージ×2(×3)」はそれぞれ最長フッテージの2倍(3倍)のデュレーションを適用します。
単純な2コマ打ち等の場合に使えるかもしれません。

「撮影台を作成」

このチェックボックスにチェックを入れると撮影台を作成します。
なお撮影台作成に関しては「dA-tools.com」様の「Cam Stand SetUp」のコードを勝手にそのまま使わせて頂いております。この場を借りてお礼と謝罪をば…

・撮影コンポジション名

こちらも読み込み時に指定したカットフォルダ名がデフォルトで入ります。
ここに入力した文字がカットフォルダ名の後に入ります。

・サイズ

撮影台コンポジションのサイズを指定して下さい。「最大フッテージと一致」を選択すると読み込んだフッテージの中で縦横それぞれ一番大きいフッテージのサイズを適用します。


以上を設定後、「Ok」を押してしばらくすると(結構時間がかかります。進捗は一応情報パネルに表示されるはずです)


このようなダイアログが表示され、完了です。ダイアログには読み込みをスキップしたファイル名の一覧も表示されます。



フッテージの読み込みについて


PSDの場合、クロップされたコンポジション形式で読み込みます。
ファイル名の末尾が3桁以上の数字の場合、連番シーケンスとして読み込みます。(読み込んだ結果2frame以上のSequenceにならなかった場合静止画として読み込まれます)

フッテージの並び替えについて
 並び替えはフォルダ名とフッテージ名に関連して行われ、フォルダ毎に実行されます。
 初期設定では上から

「LO」「レイアウト」「L/O」「Layout」
「book」「ブック」
「cel」「Chara」「キャラ」「A~Zの1文字」
「bg」
「map」
(部分一致、大文字小文字区別なし)
となっており、どれとも一致しなかったものは、これより下に並ぶようになっています。
「A」「B」「C」等のセルは通常アニメでは「A」が下だと思いますが、
逆の場合設定の「並び替え」・アルファベット順を変更して下さい。

並び替えの対象や優先順位を変更したい場合はコードを改変して下さい(22行目辺)。正規表現が使用できます。



推奨動作環境はWindows / CC2014(日本語版)です。一応CS6でも確認はしました。





ダウンロード


kumi-chan_v0.83 (2016.02.23)
kumi-chan_v0.82 (2016.02.14)
kumi-chan_v0.81 (2016.02.13)
kumi-chan_v0.80 (2016.02.12)初版


とりあえず動いてますけど、素人のコードですし何が起きても不思議はありません。
このスクリプトで如何なるトラブルや損害が発生しても作者は一切責任を負えません。
自己責任でご使用下さい。